事業案内

3rd Carsは、日本における自動車文化の発展を社会的な使命と考え、
「次世代の新たなモビリティ社会に向けたエンジニアリング」「乗り物が持つ本来の魅力追求」に取り組みます。
この2つはそれぞれ独立したものではなく、互いに作用しながら発展させていきます。

エンジニアリング事業では、新たな共同開発や自動車業界の困りごと解決のサポートに取り組みます。
そこから得られたノウハウをクルマづくりにも反映させていきます。

乗り物の魅力追求では、日本には根付いていないクルマの少量生産に着目し、自分たちの想いをカタチにした、
今までに無い尖った面白いクルマづくりに挑戦していきます。
クルマづくりで得られた成果はエンジニアリング事業にも反映し、クルマ全体を扱えるからこそできる提案を行っていきます。

 3rd Carsのメンバーはこれまでに、大量生産車、少量生産車の開発、エンジニアリング事業といった経験と実績があります。
このような幅広い経験は業界で唯一無二であり、この強みを活かして事業に取り組んでいきます。

 

エンジニアリング事業


開発現場を重視したやり方で、
 新たな共同開発や自動車業界の困りごと解決をサポート



◇概要
3rd Carsが目指すエンジニアリング事業は、従来のエンジニアリング会社のような単に仕事を請け負うものではなく、
またアドバイスだけで実務を伴わないコンサルとも違います。

 開発現場でのトライ&エラーを重視し、クライアントの皆様と一緒になって課題を最後まで解決するサポートを行います。
また共同開発について、例えば既に保有されている技術を応用し、車載システムの状態まで現場で一緒に作り上げていくようなことも可能です。
これらは、アウトプットを出すだけではなく、関わったメンバー全員の成長につながると考えています。
特にこれから自動車業界へ新規参入したいと考えている方、今までより深く自動車に関わりたいと考えている方に対しては、
開発現場を重視したやり方にメリットを感じて頂けると考えています。

◇お願い
上記以外でも、自動車業界に貢献できることがあれば何でも積極的に関わっていきたいと考えています。
困りごとがありましたら、まずはご相談ください。

クルマ開発


自分たちの想いをカタチにした、
 乗って楽しいクルマづくりを目指して



◇概要
3rd Carsは、それぞれが車に強いこだわりを持ったメンバーの集まりです。
「自動車業界に貢献したい」と考える一方、「いつかは自分たちのクルマを」という想いも持ち続けています。

 我々が目指すのは、機能満載の大量生産車ではなく、ハンドメイドのような小規模なクルマづくりです。
自分たちが乗りたいから、という事もありますが、日本の自動車文化のこれからを考えると、
少なからず存在するコアな車好きの方たちの期待に応える車を誰かが作り続けていく必要があると考えています。

 ただ、クルマづくりは簡単にできることではありません。
自分たちの中で持ち続けている想いをカタチにすべく、一歩一歩、クルマづくりの環境を整えていきます。

◇お願い
3rd Carsが目指すクルマづくりは、大手自動車メーカーの自動車開発とは大きく異なります。
要求仕様だけを見て部品を造るのではなく、クルマ全体を見ながら開発の一翼を担って頂くことで、
「クルマづくりの楽しさ」を実感して頂けると考えています。
新たなクルマづくりの枠組みに興味をお持ち頂ける方は、ぜひご連絡ください。

TOP